多少名前の知られた方であれば、ネット上で見知らぬ人たちからさまざまな誹謗中傷を受けるものですよね。程度が大したことのないものなら、有名税と割りきって諦める必要も出てきます。ですが、あまりにひどい場合には対処方法を考えなくてはいけないかもしれません。どちらの場合にしても、基本的には誹謗中傷をしている人にたいして何かを言わないのが大事なのは確かです。反応をされると相手にされたと勘違いして、さらなる攻撃をされる場合があります。また、そのやりとりを無関係の第三者が見ていろいろと言われることもあるでしょう。ですから、誹謗や中傷はそれが事実であっても事実でなくても、とにかく無視をして相手をしないことが大切になります。ブログなどであれば、コメント欄を閉鎖することもできますが、それも逆効果です。とにかく何もせずに放置して、専門家に対処を一任するのが賢い方法に違いありません。

誹謗中傷された時の対処法

インターネットが普及してネットを利用する人が増えたことで、掲示板やSNSでの誹謗中傷が問題となっています。誹謗中傷とは、根拠のない悪口や嫌がらせをして他人の名誉を汚す行為です。無断で自分の名前や住所、連絡先を掲示板に記載されたり知ることも名誉毀損となります。なので、立派な犯罪として罪に問われることもあります。もしネットでの誹謗中傷されたら、やはり誰もが動揺して感情的になるでしょう。そんな時はまず落ち着いて、問題の書き込みを相手にせずに根気よく削除することです。相手にしてしまうと、更に被害が拡大してしまう恐れがあるので避けましょう。自分で削除が出来ない場合は、サイトの関係者に削除要請をすることをおすすめします。他にも、サイバー犯罪相談窓口というのがあるので、管轄の警察署へ相談してみるのも良いでしょう。早めの相談、対処することが大切です。

誹謗中傷コメントは削除してもらうのが一番

個人なら多少の誹謗中傷をされたからと言って、わざわざ対策を取る必要もないのかもしれません。人の噂は七十五日というように、すぐに飽きて忘れさってくれるケースが多いからです。しかし、企業の場合にはそうはいきません。企業は基本的に逃げも隠れもできないものですし、何よりも信頼がとても大事になるからです。誹謗中傷が続いていることが人々の印象に残ってしまうと、物が売れなくなったり、新入社員が集まらなくなったりします。経済的なダメージとなって跳ね返ってきますから、対策はしっかりと取る必要があるでしょう。誹謗中傷の対策は、弁護士さんか警察、または民間の対策会社に相談するといいでしょう。最近は不利益となる検索結果は場合によっては削除命令が出せるという判決が出て、対処にも道が開けてきています。相手が個人なら訴える姿勢を見せるだけでコメントを削除訂正してくれる可能もあるので諦めてはいけません。

シエンプレはWEB上の風評被害や誹謗中傷からブランドを守ります。 安全で、信頼性のある方法で、インターネットでのリスクを対策します。 著作権の侵害や名誉毀損の予防に、WEB上で被害を受ける前に。 検索結果からネガティブな内容を消したいかたへ、お気軽にご相談ください。 シエンプレのコンサルティングでは、情報漏えい対策から、風評被害の対策まで幅広く対応いたします。 誹謗中傷対策についてシエンプレのノウハウをご提供!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*