最近、インターネット上で誹謗中傷を受ける人が多くなってきています。SNSなど、誰でも手軽に利用できるようになってきているからこそ、このような事態となってきているのかもしれません。しかし、中には日常生活に支障が出てしまう人も居ます。自身が対象とならないようにするためには、対策を練ることが大事です。まず、必要以上にSNSをやらないようにすることが一つの対策法と言えます。そうすれば、知らない人から誹謗中傷を受けることもないはずです。また、個人情報が漏れることもありません。個人的にブログやホームページを開設しているという場合には、不特定多数に見られることを前提の内容にします。誰に見られても支障がないようにしておくことがポイントです。このように、様々な対策をしても誹謗中傷を受けるようであれば、弁護士に相談することも必要です。

誹謗中傷に対する効果的な対策

ネットで誹謗中傷が書かれる時、それが不特定多数の場合は制御できないところがあります。やっかいなのが、例えば自分の名前で中傷された場合、自分の名前を検索するだけでその悪口が検索ワードとして挙がってきてしまうことです。個人名でも十分酷ですが、それが会社となりますと大変です。その会社の商品を買おうとして検索したものならその悪口ワードが検索事項に挙がってきてしまいますと、購入希望の人達でさえも購入を控えようと思ってしまい、結果的にそれが売上にも影響してしまうからです。売上に影響を及ぼすということはもうそれは死活問題ですので、そのまま放置しておくわけにはいきません。不特定多数からの中傷に対する対策としまして手っ取り早い対策としましては「逆SEO」です。逆SEOとは、通常のSEOとは逆で、検索に挙がってきやすいワードの順位を下に下げる施策のことです。これによって個人(会社)への中傷のワードの順位を下に下げることによって、一般検索者の目に留まりづらくなります。

誹謗中傷は打つ手がありません。

現代社会におきましては、ネット社会と言いまして、インターネットが盛んに利用されるようになってきているようです。パソコンがあって当たり前、使えて当たり前のような時代です。一番問題になっているのは、書き込みなどというサイトだと考えます。インターネット上を利用して、宣伝効果を上げるために、独自のホームページなどを作成して、載せている企業や、店舗なども多いですし、実態を持たず、インターネット上だけの、運営をしている仕事も多くなってきています。そうすることによって、宣伝効果や、反響などは、とても高いと考えます。でも、その反面、書き込みなどには、誹謗中傷などの内容を書き込まれることがあるということも、事実なので、念頭に置いておく必要があるのではないかと考えます。それが、死活問題になったとしましても、打つ手がないものと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*