ネットでの誹謗中傷は顔が見えなかったり、匿名だったりすることで、かなりエスカレートしてしまうのが常です。そして、その相手はかなり特殊な性格の持ち主というケースが多いので、下手に煽ると常軌を逸するということになります。対策としては、無視が一番です。頭にきて、言い返したくなりますが、とにかく無視するしか方法はないと考えます。それでも収まりそうもない場合はいくらネットでのことでも警察に訴えることができます。それは最終手段とはいえ、頭の中にいれておくと不安が少なくなります。弁護士に相談するという方法もありますし、とにかく、相手と同じレベルになってはいけません。あくまでも無視し続けることが最良の策です。相手は犯罪者です。かかわってはいけない相手です。放っておけばいいです。多くの場合は時間が解決してくれます。

誹謗中傷を避けるための対策は目立つな

インターネット上ではいろんなところでたくさんの誹謗中傷が飛び交っています。その誹謗中傷は一種のいじめみたいなものですが、それが行われるということはある意味ではその対象が目立っているということの裏返しでもあります。なぜなら目立たなければ存在感がないあるいは限りなく薄いということで注目もされないからです。そこでこれを商売している業者のサイトに応用しようという対策があります。それは逆SEO対策というやり方です。SEO対策が売り上げ伸ばすための目立つやり方であるのに対して、この対策は逆に目立たなくしようというやり方です。検索サイトでは意図的に上位に表示されないようにするなどの施策をします。これは商売をする者にとっては矛盾した行為にも見えますが、下手に目立ちすぎて誹謗中傷という根拠のない被害を受けて損害を受けるよりも目立たなくしてそれを避けたほうが会社存続のためには結果的に良作にすることができます。

誹謗中傷との付き合い方。

世の中には「出る杭は打たれる」という言葉があります。つまりアクティブに行動するだけ、誹謗中傷の数は増えて行きます。ましてや、人と違うことをしていればそれ以上に増えていきます。すべての誹謗中傷を真に受けていては、本当に自分のやりたいことは叶いません。なぜならもうそこにあなたの意思はなく、外部からの言葉によってぶれてしまっているからです。しかし中には本当に期待を裏切られたことで生まれたものもあります。すべてがすべて役に立たないただの戯言というわけではなくこうしたらよかった、こうすべきだったという自分では気づくことが難しい【改善点】を見つけ出すことにもなります。「出る杭は打たれる」人は周りと違うものや自分の意識と異なるものを批判をしてしまいたくなります。ですが、中には本当に役立つものもあります。冷静に、見極めていくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*